スムージーとは?またスムージーとジュースの違いとは何?

スムージーとは?またスムージーとジュースの違いとは何?

 

スムージーとジュースって何が違うの?

 

また、スムージーって何?

 

 

グリーンスムージーやアサイースムージーなどに代表されるスムージーですが、
ジュースと何が違うのか?スムージーとは何なのかご説明していきます。

 

そもそも、スムージーとは凍らせた果物や野菜などを、
牛乳やヨーグルト、氷などと一緒にミキサーにかけたものを一般的にスムージーと呼んでいます。

 

それでは、スムージーとジュースでは何が違うのか?

 

ジュースを簡単に言いますと、野菜や果物を搾った水分です。
ミネラルやビタミンは残りますが、スムージーとの一番の違いは食物繊維が残らないことでしょう。
逆に言うと、野菜や果物をまるごと入れて作るスムージーは、
食物繊維が多く含まれています。

 

ジュースは液体、スムージーは液状の食べ物といった感じになります。

 

またスムージーは、ミキサーにかけることにより食物繊維が多少崩れますので、
野菜や果物をそのまま食べたときよりも消化がしやすくなります。

 

さらに、食物繊維が豊富なので、血糖値の上昇が緩やかになり、インスリンの急激な分泌も抑え、豊富な食物繊維が腹持ち良くするので、過食を押さえる事も可能となります。

 

ですが、過度な甘さを求めて、スムージーにシロップや蜂蜜などの糖分を入れすぎると、
逆に肥満や糖尿病リスクが高まりますのでご注意下さい。

 

新鮮な果物や野菜で作るスムージーはとてもヘルシーで、
腹持ちも良いために、ダイエットに効果を発揮するのですが、
レシピや素材次第ではヘルシーどころか、不健康な食品に変わるのもまた事実です。
ですので、新鮮な果物や野菜で、健康的なスムージーを美味しくいただくようにしましょう。